地元オケのコンサート 

コンサート弘響2018

今日は午後2時から地元オケ「弘前交響楽団」の定期演奏会が開催されます。

結構前から楽しみにしていました。

ドヴォルザークのチェロ協奏曲も演奏されるのですが、ソリストは弘前出身でいらっしゃるNHK交響楽団の三戸さんです。

一番楽しみにしています^^

ポスターもかっこいいですね!三戸さんのバックに写っているのは市民の自慢である弘前市民会館のコンクリの壁と、通称“赤ドア”(楽屋へ入るドア)。

なんてカッコイイのでしょう^^ まだ開演まで5時間くらいありますが、なんだかいそいそとしてしまいます。

演奏会が終わったら、そのまま市民会館がある公園で開催中の「弘前城雪灯籠まつり」にも繰り出す予定です。


banner_02.gif ← 楽しみすぎて早起きしちゃった。遠足みたい。 


よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


大好きなCD 

DSCF5054.jpg

2015年のショパンコンクール覇者であるチョ・ソンジン君(23歳)。

大好きなピアニストさんです。私がなにかと贔屓にしているレーベルのグラモフォンからCDがでているのでとっても安心してCDを買って楽しんでいます♪

ショパンコンクールで一躍有名になったからなのかショパンの曲を聴く機会が多かったのですが、今回3枚目のドビュッシーの作品集を買いました(画像右端)。

繊細な表現がすごくきれいなのはもちろんなのですが、ところどころ意外にタッチが強かったりして、聴いていて新鮮なキモチを抱きながらウキウキしてしまいました。

現在、日本ツアーをやっている真っ最中なのですが、是非聴きに行きたいものです。

いつかいけたらいいなぁ~~。


banner_02.gif ← お顔もタイプです^^ (そこなのか~~?) 


よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      






ベートーヴェン大好き 



30日の今日は久々に家族5人(両親と兄弟3人)が揃ったのですが、なんだか朝からテンションが低い状態が続いてプチ憂鬱な気分で過ごしちゃいました。

夜になって「このまま年越しすることになってはいかん!」と思って、好きなクラシック音楽のDVDを見たり聴いたりしたのですが、なんとな~くいまいちな感じ。

そうだ!!と思ってベートーヴェンの第九を聴くことにしました。

今の時期に聴く事が多いですが、大好きな曲なのでもっと普段からたくさん聴けばよいのですよね。

合唱の部分が有名で、みなさんも聴いて知っている曲だと思いますが、それは第4楽章後半で、第1~第4楽章前半もそれはそれはステキな曲なのですよ^^

良かったら貼り付けたYOUTUBEで聴いてみてください♪

美しいメロディーの連続です。


banner_02.gif ← Eテレでも放送予定なんですよ。31日20時からで~す♪


よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      



♪ 室内楽 ♪ 

slide_2017dorikon.jpg

今日はお仕事の帰りに文化センターで室内楽のコンサートを聴いてきました。

N響メンバーさんが中心で、数名のプロの演奏家さんたちがフランスの作曲家の作品を披露してくれました。

目をつむって聴いていると、夢を見ているような、風の流れを感じるような、不思議な感覚になるような、フランス特有の音楽に浸ってきましたよ^^

室内楽はあんまり聴かないのですが、ドビュッシーを聴いた時は、いいなぁ~~~って思って、これからちょっとづつ有名な作品を聴いてみようかなと思いました。

そして、出演していたプロの皆さんの、とりわけ女性の皆さんのドレスが美しくて、それにもウットリして来ました。

スタイルがいいんですよ!!!

ウエストがキュキュっと細くて、すらっとした手足(足は見えませんが)。

音楽を聴くだけでなく、目にもいいお姿を拝見させていただきました☆

banner_02.gif ← 仕事がめっちゃハードだった一日の疲れも吹き飛んじゃいました^^



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


オペラ鑑賞 

20171015オペラ

明日10月15日は地元のオペラ団体、その名を「弘前オペラ」さんといいますが、その弘前オペラさんの公演があります。

演目は『フィガロの結婚』モーツァルトの有名な作品ですね♪

弘前オペラは高校生の頃から見ていますが、ここ数年は行ってなくて、今年は久しぶりに見に行ってきます。

セリフが津軽弁だったりするところが面白いんです^^

お友達に誘われたのがきっかけなのですが、そのお友達とご一緒するのも結構久しぶりなのでワクワクしています♪


banner_02.gif ← 喜劇だし、有名な曲もあるので、楽しんできま~す♪



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      



舞台は弘前市 



文庫本を買いました。

いつもならこういうジャンルはあまり読まないのですが、著者の方が青森県出身だということと、本のストーリーの中で私が住んでいる弘前市の、とある住所地が主人公が住んでいるという設定になっているらしく、興味を持ったのです。

ちょっと怖くて不思議なストーリーぽいのですが、地元が出てくるということで興味津々。

こうゆうことって滅多にないから期待でワクワクします。

どんな風に描かれているのかしら。すっごい田舎扱いだったらどうしよう・・・(笑)。

そんなにそんなに田舎ではないのですけどね。


banner_02.gif ← 家族みんなで回し読みの予定です^^ 


よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


今日のお2人 



今日のN響のコンサートは、本当に素晴らしかったです。この興奮はどうしたらおさまるの?

というくらいアドレナリン噴出して、いまだに興奮状態が続いています。

メンバーも期待以上のベストメンバーでしたよ~。特に木管メンバーは私の好きな団員さんばかりでした。

コンマスもまろさんで、嬉しかったです。

指揮者は広上淳一さんで、初めて生で拝見しましたが、躍動感あふれる指揮で、見ていて楽しませていただきました。


まろさんと広上さんの対談した番組が昨年放送されたのですが、YOUTUBEにあったので嬉しくて、ここに載せておこうと思います。


banner_02.gif ← 去年の4月に東京のオペラシティでグリーグ聴いた時以来の感激です♪
   けっこう今年、いろんなコンサート行ったけど、ダントツでした。



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


このシリーズ大好き 



中山七里さんの「どこかでベートーヴェン」を金曜日に買ってきました!!

この画像のシリーズがとっても面白くて、本を見つけた時は小躍りするくらい嬉しかったです。

まだ最初の章しか見ていないのですが、前作「いつまでもショパン」の続きから始まっていました。

「いつまでもショパン」は、ショパンコンクールを舞台にしたお話でしたが、今回は主人公の高校生の頃に遡った内容になっているようです。

どの作品も主人公は岬という男性のピアニストなのですが、推理探偵のようなキャラクターで、ミステリアスな事件を解決していくお話になっています。

ちなみに「さよならドビュッシー」は映画化されているんですよ。

“ピアニスト俳優”とでも言うのかな(?)の、清塚信也さんが岬を演じています。

なので、私の頭の中ではこのシリーズを読む時は清塚さんが脳内で物語を繰り広げています。

来週は夏休みをいただいているので、集中して読んでしまおうと思います。


banner_02.gif ← このシリーズは色々他にも作れそうですね。
            “おかえりラヴェル”とか読みたいな。



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


N響コンサート 

sannohe.jpg本日26日は地元弘前でNHK交響楽団のコンサートが開催されます♪

昨年の冬から楽しみで楽しみで本当に待ちかねていましたが、やっとこの日を迎えて、なんだかちょっぴり嬉しさと寂しさが混じったような感覚です。

画像の波平さん似のN響メンバーさんは三戸さんという弘前市出身のチェロ奏者さんです。

とても弘前を大事にしてくださってて、N響メンバーさんを数名連れてきてくれて毎年弘前で少人数のコンサートを企画してくれるんですよ。

確か今年で定年を迎えるそうなので、もうじきテレビなんかでもお見かけすることが出来なくなっちゃうのかしら。


今日のコンサートできっと地元凱旋は最後かもしれないなぁ~と思うととても寂しいのですが、何かしらの音楽活動でまたお会いする機会があるに違いない!!と思っています。


さて、今日の15時から始まる公演ではチャイコフスキーの交響曲5番とモーツァルトのピアノ協奏曲「戴冠式」が演奏される予定です。

どちらも予習はみっちりとやっています。

細部までじっくり聴いちゃいますよ^^ 今夜は夜更かししていますが、朝まで、いや昼まで(?)寝て、コンディションばっちりで出かけてこようと思います。


banner_02.gif ← 楽しみすぎて眠れなくて、CDリピートしています。



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      



小説の映画化 

DSCF4795.jpg

金曜日の夜に読み終えた「紙の月」。

宮沢りえさん主演の映画もあるよなぁと思って、今朝TSUTAYAのオープン時刻ジャストに行って借りてきました。

けっこうオリジナルと違うつくりの映画だなぁと思いましたが、切迫感を漂わせる宮沢さんの演技で、ドキドキしました。

でも小説の方が10倍くらい私は面白かったです!!

自分の脳中で展開された映像が強烈なインパクトを残していますね~~。

現代小説を読むときにいつも感じるのですが、面白いと思う作品であればあるほど、まるで映画を観たような感覚になります。

映画化されたものを後から観ると、既視感を感じることがありますが、でもやっぱり小説の方が好きだなぁとおもうことが多いです。