十和田湖冬物語 

休日だった金曜日の午後から、十和田湖へと向かいました。

有名な十和田湖のシンボル、乙女の像。

雪灯篭のほのかな光に照らされてとってもキレイでした。
2011_0213a0015.jpg

暗くなってくると祭りイベント会場にも次々と光がともり、幻想的な世界へ。
2011_0213a0017.jpg

ビニールハウスのフレームも、青色ダイオードですっごく綺麗な姿へ大変身。
2011_0213a0018.jpg

展示されていたねぶた。猛吹雪の日に鳥さんの翼が折れちゃったんだとか。
2011_0213a0019.jpg

木にぐるりと巻かれたダイオードがすごく綺麗でした。
2011_0213a0021.jpg

大型のかまくらがたくさんあって、それぞれのイベントブースになっていたのですが、キャンドルで飾られたものもありました。
2011_0213a0022.jpg

コチラはシンプルに和な雰囲気。中はとても広くて少し温かい感じがしました。
2011_0213a0023.jpg

氷のオブジェもライトアップされ、とってもキレイ。氷の透明感が引き立っていました。
2011_0213a0025.jpg

中でもとってもおしゃれで気分も盛り上がったのが雪と氷のバー。
2011_0213a0026.jpg

カウンターやイスまでも全てが雪で作られていました。
2011_0213a0027.jpg

アルコールをオーダーすると、氷のグラスに入れられて出されます。
中の色が透けて見えて綺麗でした。
2011_0213a0028.jpg

ソフトドリンクをオーダーすると、なんとリンゴのグラスで出されてきました。
シャーベット状のリンゴももちろん食べられます。
2011_0213a0031.jpg


2011_0213a0032.jpgカシスグレープフルーツをいただきました。

冷えた後は温かい豚マンをいただきましたよ~。湯気がほかほか。
2011_0213a0033.jpg


2011_0213a0034.jpg19時からは-10℃という極寒のなか、外の特設ステージで三味線や太鼓の演奏が披露され、とても活気付きました。

この日は三連休の初日ということもあり、とてもすごい人出だったのですが、そんな皆さんがハネトを真似してジャンプしたりと、楽しかったです。

足の指の感覚がないまま約1時間を-10℃の中で過ごし、20時からの花火の打ち上げを待ち望みました。

イベント会場のすぐ裏手から打ち上げられた花火はとっても臨場感たっぷり。火花が頭上に落ちてくるよう。







テントの中は暖をとろうとする人々でごった返していました。
ここで人ごみのなか、たこ焼きをぱくぱく。
2011_0213a0036.jpg

冬の花火は初めてだったのですが、空気が澄んでいて、キーンとした空気を破るように花が弾ける様は本当に感動的でした。

十和田湖冬物語の公式ホームページも是非見てくださいね。すご~く行ってみたくなりますよ。


長いレポートを読んでくださってどうもありがとう^^ banner_02.gif 


よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ

コメント

(゜ロ゜) ヒョオォォ! マイナス10℃!

こちらでは、マイナス3℃で大騒ぎしているのに^^
すごいですねぇ。 でも一度経験してみたいかも。
冬の十和田湖行ってみたいです(*v.v)

カナさん、キレイです・・・

カナ→まりあんぬさん
こんにちは^^ いつもコメントありがとうございます。
マイナスの気温はもう5度くらいを下回ると何度でももうワケがわかりません^^;
しかし-10℃の中を1時間もじっと立っていたのには自分でもビックリデス。
十和田湖はいつ行っても綺麗です。青森県民の自慢です☆
是非機会があったらお越しくださいませ~。

カナ→tintBさん
こんにちは^^ キレイかな?文字で思いっきりUP写真のアラを隠したつもりなんですけどね。うふふふ。
どうもありがとうございます~。
  • [2011/02/13 11:07]
  • URL |
  • コメントありがとう!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する