歓喜に寄す 



もうすぐ日付が変わり、31日の大晦日となります。

マンションで一人過ごす私はこれからCDを聴きます。

年末と言えばこれ!

ベートーベンの第9です。
最終楽章のあの大合唱の歌詞の意味をご紹介しましょう。

今年もブログを通じてたくさんの方と接するきかいをいただきました。

毎日見に来てくださる皆様のお陰で、楽しみながら更新することができたことを大変嬉しく思っています。
ブログやTwitterで交流してくださった皆さま方には本当にお世話になりました。

この喜びを忘れずに来年も色んなことを書けたらなと思います。

皆さま方もどうぞよい年をお迎えください。

2013年という1年間本当にありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する