このシリーズ大好き 



中山七里さんの「どこかでベートーヴェン」を金曜日に買ってきました!!

この画像のシリーズがとっても面白くて、本を見つけた時は小躍りするくらい嬉しかったです。

まだ最初の章しか見ていないのですが、前作「いつまでもショパン」の続きから始まっていました。

「いつまでもショパン」は、ショパンコンクールを舞台にしたお話でしたが、今回は主人公の高校生の頃に遡った内容になっているようです。

どの作品も主人公は岬という男性のピアニストなのですが、推理探偵のようなキャラクターで、ミステリアスな事件を解決していくお話になっています。

ちなみに「さよならドビュッシー」は映画化されているんですよ。

“ピアニスト俳優”とでも言うのかな(?)の、清塚信也さんが岬を演じています。

なので、私の頭の中ではこのシリーズを読む時は清塚さんが脳内で物語を繰り広げています。

来週は夏休みをいただいているので、集中して読んでしまおうと思います。


banner_02.gif ← このシリーズは色々他にも作れそうですね。
            “おかえりラヴェル”とか読みたいな。



よかったらコチラ↓にも寄り道して行ってくださいね
  お部屋をキレイにするブログ      


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する