「幅」とか「深み」とか 

前回の記事でメトロセクシャルについてちょっと興味を持ったお話をしましたが、私が一番目を留めたポイントは「芸術と文化に触れる」という点でした。

男性の趣味といっても色々あると思いますが、多いところを挙げると車や、格闘技を含むスポーツ観戦、ゲームなんてところでしょうか。

この3つは全然ダメなんですよね~。車は私も「乗るならかっこいいのに限る!」と思っていますが、メカニックのことなんてのはさ~っぱり分かりません。

日本代表チームが出るサッカーや、知っているスポーツ(学校でやるやつ)の大きな大会なんかは見たりしますが、ゴルフや格闘技なんて全然興味なくて(好きな方にはごめんなさいね)野球中継を見てエキサイトしたり、もう結果が分かっているのに、何度もスポーツニュース見ちゃう人っていったいなんなんだーっ??て思っちゃう私は少数派でしょうか?
パチンコにいたっては嫌悪感に近いものさえ抱いていますよ。

ひっそりと「芸術と文化に触れる」男性もいるのでしょうが、あんまり周りにいるような気がしません。
私は学生時代に楽器をやっていたこともあり、その世界にはまった多くの人は休暇を取って名演奏家のコンサートに足を運ぶことを知っていますし、私もそんな一人なのですが、大半が経験者です。逆に言うと経験者や従事者しか足を運ばない世界になっているような気がします。

「その世界の人」だけじゃなくて、もっともっとたくさんの、普段ナイター中継見て休日はパチンコ行ったりしている人がチャイコフスキーのCDを持っていたり、年に一度位オペラとかバレエを観に行ったり、「○○博物館(美術館)で△△展をやってるから行ってみよう。」なんてこと言ってくれたりしたら素敵な世界になるのになぁ~。なんて思います。

スポーツマンとかよりは読書家とか文系のインテリが好きな私の趣味が多分に影響しているんですけどね。

なんだよ、結局そんなことかよ~って思いました? へへへ、ごめんなさい。

上手くいえないけど、多趣味な男性がイイと言いたいのでは決してなくて、例えて言うなら居酒屋や屋台のお店では気取らずさっぱりと、高級フレンチのレストランでは臆せず優雅に、キャンプでのバーベキューも豪快に、そして全てに共通してそれらを楽しんでやれる人がいたらいいな~。ってな感じです。

外でゴハンといえばラーメンかハンバーガーか牛丼というチョイスしかできないのはあまりにもお子ちゃまだし(知人にいます。しかもどんぶりの二択)、高級レストランなんて高いだけで食べた気がしないし、贅沢だ。なんていう人(けっこーこうゆう人が多いです)は田舎びんぼーくさい感じがしちゃいます。
ちゃんと手の込んだ食事しかしたくないから屋台やファーストフードなんて口に出来ないなんて言う奴なんか(あ、ヤバ)とはたぶん仲良くなれません。

どれも極端な食事の例ですが、幅がないとなんだかかっこ悪くないでしょうか。
男性だけじゃなくて女性にももちろん言えることですよね。
20代前半ならまだしも、30代になってもそのままだときっと深みのない大人で終わってしまうような気がします。

あ、でも何か一筋で一生懸命で極めてる人の輝きってすごく魅力的ですね!!
TBSの情熱大陸を見てはアドレナリンにまみれて「明日からまた頑張るぜ~っ!」と元気をもらっています。

あんまり関係ないですが、今やってみたいのが「メイドカフェ体験」です。
オタクや○○バカ(言葉が悪くてごめんなさい)にも「美学」ってのがきっとあるんだろうけど、それを理解できるものかしら?とか、どのへんにツボがあるのかしら?を怖いもの見たさに近い好奇心がうずいてます。

コメント

「芸術と文化に触れる」ことを大事にしている男性って素敵ですよね~。
格闘技とかゲームとか好きでも、それは個人の趣味ですからいいですけど、そればかりじゃなくて多方面に興味を持って接している人のほうがいいですよね。
視野が狭い人より広い人のほうがきっと人間的に魅力的なのかも・・・って思いました♪

体重計、シンプルなのじゃなくていろいろ機能がついてる方が売れてるんですね~。(いろいろついてると面白いですよー)

犬(名前は「まる」といいます)は昨日夏バテしてました; 犬も暑さに参るんですね~。(今日は元気です♪)

カナさん、こんばんは。
なんかこれが、明らかにコメントの付きの悪い話題だったので、ここに書き込みしてみます(笑)
「メトロセクシャル」という言い方からは、なんか「あいつら、ゲイでもないのに、なんであんなにスタイリッシュなんだ?!」という、『スタイリッシュではない者』からの畏敬の視線が見えてきますよね(笑)

で、私、「男性」な訳ですけど……
うーん。文化の幅。
狭い気がします。確かに。
誇れるほどには触れていない気がします。
ハマる時には夢中になるのですけど、なかなか広がっていってはくれないな、と。

そういう意味では、自分を「自分の生活環」の外に連れ出してくれる人や、その人がくれるきっかけは、本当にありがたいと思っています。
たまにそれも、趣味に合わなくて、一回こっきりになったりもしていますが(^_^;

もちろん、行く時にはそれぞれの味わいを、楽しむ・探す・味わいつくす、そんなつもりで、連れていってもらってますよ(^-^)


あ、それと、もしカナさんがよかったら、うちのサイトからこちらへリンクを張らせてもらってもよろしいですか?

ありがとうございます

カナさん、はじめまして。魚河岸若旦那日記を書いとりますよっちゃんでございます。
このたびはトラックバックありがとうございました。

築地市場であったくだらねぇ出来事や間違ってきちまってる喰いモンとかを書いてます。
食文化とかそんなカッコ良いもんじゃねぇですが、俺たちが習ったきた魚のことが結構間違って伝わっちゃってるんだよね。ホントに日本人はすげぇ食文化を持ってるんですよ。

また遊びに来ておくんなさい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34kana.blog14.fc2.com/tb.php/42-c7145b2d

マニアから始まる経済効果

マニアから始まる経済効果について昼休みにブログを見ていて考えさせられた。ヒット商品を生み出しているのは、一部のマニアでもある。そう、色々な世の中で流行っている商品の最初はニッチな世界で愛されて、それが全国に普及した物が多いのでは無いだろうか?マニアが集ま